やっぱり定番!シンプルキレイなソリティアの婚約指輪について

女子のタイプ別

彼女がよろこぶ指輪がわかる!婚約指輪定番デザインカタログ

29歳・物好きな私はこだわりが人一倍強くて、彼女へ贈る婚約指輪もとても悩んでいました。そんな中、私が選んだのはシンプルキレイなソリティアデザイン。選ぶ上で参考にした、ソリティアが婚約指輪の定番となった理由や、カット技術などについて詳しくご説明します。また、実際にソリティアを贈られた女性の体験談も載せているので、指輪選びに迷っている人は是非参考にしてみてください。

ソリティアが婚約指輪の定番デザインになったワケ

「婚約指輪」の定番は?と聞けば、誰もが思い浮かべるソリティア。ダイヤモンドの輝きをとことん追求したカッティングと、一粒石のシンプルキレイなデザインは多くの女性の憧れです。今ではすっかり定番となったソリティアですが、実は有名なジュエリー・ブランドであるティファニーが世に広めたものだと知っていましたか?創業者のチャールズ・ルイス・ティファニーは宝石の中でも特にダイヤモンドを愛しており“キング・オブ・ダイヤモンド”と呼ばれていました。また、購入当時は287.42カラットもあったという巨大なイエローダイヤモンドを公開し、世間の度肝を抜いたことでも有名です。そんな彼が考案した指輪の形が、現在のソリティア。あの独特立て爪のデザインは、まだ石を立たせるという発想がなかった当時としては画期的なものでした。1886年に誕生したこの「ティファニーセッティング」には、ダイヤモンドの美しさを最大限に生かしたいというチャールズ・ルイス・ティファニーの宝石への愛があふれています。

シンプルキレイを実現する並外れたカット技術

ソリティアは、名の知れたブランドでは必ずといっていいほど採用している、婚約指輪の定番デザイン。一生に一度の買い物だからこそ、ダイヤモンドには特にこだわりたいところ。

仕入れ

ソリティアは使われるダイヤモンドの質が命。どのブランドも、少しでも品質の高いものを良心的な価格でお客さんに届けようと、仕入れ方法にこだわっています。たとえば、原産地。同じダイヤでも採れる場所によって品質は大きく変わるので、目利きのスタッフが実際に現地に赴き、自分の目で確かめています。また、現地からバイヤーが直接買い付ければ余計な人件費がかからず、値段を抑えることもできます。

仕入れ

ダイヤモンドの輝きは、カットの仕方によって大きく変わります。唯一人間の手が加えられる工程でもあり、職人の腕が試されますが、近年ではカット技術が大きく進歩し、形の良いものが一般消費者にも手に入れやすくなりました。

デザインのバリエーション

ひとくちにソリティアといっても、デザインには様々なバリエーションがあります。同じブランドだけでも数種類用意されていることが珍しくなく、より好みに近いものが選べるので嬉しいですね。ソリティアの最大の特徴である爪の数も商品によって違いますし、ダイヤの大きさや形、リングのラインも様々です。

ソリティアの婚約指輪をプレゼントされた女性の体験談

ソリティアデザインの持つ最大の魅力は、なんといってもダイヤの美しさを存分に引き出すシンプルな造りです。定番の形なので飽きが来ず、幅広い年代の人に受け入れられるのもよく選ばれている理由の一つ。

彼が見つけてくれた私に似合う指輪

私は大人にしては手が小さく、特に指の短さにコンプレックスを持っていました。マニキュアやネイルアートもいまいち決まらないし、指輪をすると余計に指の短さが強調されるので、ファッションリングはほとんどしたことがありません。付き合っていた彼となんとなく結婚の話になっても、自分から「婚約指輪が欲しい」とは言いませんでした。記念として何か形になるものがあったらいいなとは思うけど、大好きな彼にもらった指輪をはめて「似合わない」とがっかりされるのが嫌で、話題になることを避けていたぐらいです。彼もなんとなく空気で察してくれたのか、指輪の話はあまりしませんでした。ところが、いつものように彼とデートした帰り道。いつも車で家まで送ってもらっていたのですが、その日は彼が「ちょっと夜景を見に行こう」と言うので寄り道することに。きらびやかなネオンに感動していると、彼がさっと小さな箱を渡してくれました。開けてみると、中にはネオンにも負けないぐらいきれいなダイヤの付いた、ソリティアの婚約指輪が! お店で私の手の特徴を店員さんに話して探してくれたらしく、なめらかなV字ラインで指が長く見えました。彼の心のこもった婚約指輪は、一生の宝物です。

ノリコさん
20代 / 主婦

一生モノにふさわしいクオリティ

婚約指輪は一生モノなので、彼からもらうなら絶対に妥協しないぞと決めていました。ダイヤの大きさもある程度欲しいし、デザインも洗練されたものが欲しくて、デートのたびにあちこち歩き回っては悩む日々。ジュエリーにはまるで興味のなかった彼も、根気強く付き合ってくれて嬉しかったです。やっと「これだ!」と思える指輪に出会ったのは、探し始めてから3ヶ月後。ネットの口コミを見ていて気になったお店のショーケースに、上品なV字ラインのものを見つけた瞬間、目が釘付けになりました。試しにつけさせてもらうと、全体的に華奢な造りのリングが指を細く、長く見せてくれる上、6本の立て爪に支えられたダイヤはカッティング技術が素晴らしく、どの角度から見てもまばゆく光ってとてもきれい! 彼もその指輪を気に入ってくれたので、その場で即決しました。シンプルなので職場でつけていても目立ちすぎず、毎日使っています。

E.I.さん
20代 / 主婦

お気に入りのブランドの指輪で大満足

私は洋服やジュエリーなどの身に付けるものが好きで、お気に入りのブランドも決まっていました。時々、買い物に付き合ってもらっていたので彼もそのことをよく知っており、誕生日やクリスマスのプレゼントも、私のことを考えてそのブランドを選んでくれていたので、毎回とても楽しみでした。そんな彼とそろそろ結婚しようかという話になり、婚約指輪選びの候補に上がったのは私のお気に入りジュエリー・ブランド。といっても、婚約指輪に関しては全くといっていいほど知識を持ち合わせていなかったので、行きつけの店舗スタッフさんに相談しながらあれこれ悩みました。結局、私たちが選んだのは、ブリリアンカットのソリティアリング。ダイヤの質にこだわるそのブランドらしく、思わずうっとりとみとれてしまうほど、輝きがとてもきれいなものでした。結婚指輪と重ね付けのできるデザインにしたので、毎日活躍してくれそうです。

saoriさん
20代 / 主婦

ソリティアデザインの魅力とは?

ソリティアデザインの持つ最大の魅力は、なんといってもダイヤの美しさを存分に引き出すシンプルな造りです。定番の形なので飽きが来ず、幅広い年代の人に受け入れられるのもよく選ばれている理由の一つ。加工がしやすいので、将来的にサイズ直しが必要になった時や、デザインを変えたい時もスムーズにリフォームができます。立ち爪を使ったものばかりではなく、爪なしを選ぶこともできるので、好みやライフスタイルに応じて自分に合うものをチョイスしましょう。

管理人TOMOのワンポイント